FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
プロビームX‐BLADEミッドプラス(2005年モデル)

フェイス:98平方インチ
重さ:320g
バランス:305mm
長さ:27インチ
パターン:16×19



先日手に入れた同モデルのオーバーが意外と使いやすくて
素敵だなーと思っていたら
そこそこきれいなミッドプラスが激安で売られていたので
買ってみました。


オーバーにも言えることですがこのモデルのストリング選びは
慎重にしたほうがいいような気がしてます。

『こんなの、むしろ、簡単ラケットだぜ!』

なんて言えるくらいの力量の持ち主だったら
ポリでもなんでも張ればいいと思うのですが
いわゆる一般プレーヤーが扱うにはハードめなラケットなので
ストリング(とテンション)が大事になる気がします。


実力中級、筋力人並みの40代おっさんである私は
AKプロ16を46Pで張ってみました。

ハードめのラケットだから緩めに張りたい。
ストリングの弾きが欲しい。
けど、振りきった時の打ちごたえというか
『芯』みたいなものは感じたい。

そんな考えで選んでみました。



で、スクールで使ってみたのですが
一言でまとめると『攻撃専用ラケット』です。
(ブリヂストンでありましたね、こんなフレーズ)

バランスのおかげか取り回しはラクで
振れている分には実重量を感じることはなく快適です。
若干のしなりを感じ取れて球威が出ますし
回転もしっかりかかります。
イメージに近い打球の制御が可能です。

ボレーも腰より上で厚めに捉えて速い打球を打つ際には扱いやすい。


が、苦しい球をしのぐ時とかタッチ系ショットの時に

ん?

となりました。


慣れればいいだけかもしれませんが
感触の違いに戸惑っています。


これも外テニスでハードな球を受けてみないと
使いこなせるか判断できませんが
しばらく使ってみようと思います。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 09:52:27 | Trackback(0) | Comments(0)
プロビームX‐BLADEオーバー(2005年モデル)
10年以上前の懐かしいラケットが
なんと新品で残っていました。
(グリップにビニールが付いてた!!)

古着ならデッドストックというのでしょうか?

それなのにあまりに激安だったので
手に入れてしまいました。


フェイス:105平方インチ
重さ:315g
バランス:305mm
長さ:27.5インチ
パターン:16×19


あくまでもスクールでのぬるい使用ですが
そこまでハードではなく
105平方インチなりのスイートエリアがあるような印象です。


ボレーやスライスのようにスイングスピードが遅めの時は食いつきを感じ
(たぶんストリングによるもの)
振り切った時には若干ながらも確かなしなりを感じます。
(こっちはたぶんフレームによるもの)


全体的に中身が詰まったようなしっとりとした打球感で
とても気持ちいいです。


オーバーサイズですが振り抜きもいいです。
+0.5インチなのを考慮しても
305mmという今ではまず見ないバランスが効いているのだと思います。
315gの実重量を感じさせない取り回しの良さです。


パワーという点では扱う者の技量並でしかありませんが
自分の意図と異なる妙な弾きがないので
安心して打ち込んでいけます。
コースだけでなく球威も含めたコントロール性が高いラケットだと思います。


外テニスでハードな相手の球を受けてどう感じるかわかりませんが
今のところ快適に使えています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 09:50:52 | Trackback(0) | Comments(0)
CORE1 no.6 プロケネックス

買ってしまいました。

カーボンにウッドを通した?フレームだそうです。

どうにもヒジの痛みがなくならず
今はWAVEXのラケットを使っているのですが
中古で見つけたので試しに買ってみました。

ストリングはマルチcx16を45Pにしました。


フェイス:95平方インチ
重さ:320~330g
バランス:300~310mm
パターン:16×19


さすがにずっしり感はありますが
バランスのせいか振れない重さではありません。

一日に数試合あるような大会で使い切るのは厳しそうですが
スクールや気楽な外テニスなら問題ないと思います。


問題の打球感ですが
厚めに捉えると球が乗りながらもスカっと飛び出していき
とても気持ちがいいです。

が、気持ちいいエリアとそうでないエリアの差が大きくて
昔のラケットみたいな感じがします。

これがウッド感なのかもしれません。
(ウッドは数回しか使ったことがないのですが…)


こするようなスピンは目に見えて失速します。


いいエリアで厚く捉えないと生きた球にならない。

私の力量ではスクール限定の練習用ラケットになりそうです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 18:33:43 | Trackback(0) | Comments(0)
プリンス契約

・EXO3グラファイト100S
・EXO3グラファイト105S
・ツアー98ESP

この中から来年度の市民大会で使うラケットを選ぶつもりです。

以前『O3は合わない』なんて書いたのに
今や完全にO3信者みたくなってます。


来シーズンはプリンス契約で行きます!
(注:丸坊主の脳内世界の話です)



弾きよりも球持ち
スピードよりも回転
球威よりも精度
そんな狙いで選ぶつもりです。


とりあえず現時点での感想
・EXO3グラファイト100S
ラケットの重みを感じる。
その重さに任せて振るといい打球になるが、取り回しがよくない。
自分の腕だとダブルスの試合で使うのは厳しい。

・EXO3グラファイト105S
100Sと打球感は変わらない印象。
取り回しはラクだが、その分球威は出しにくい。
回転は100Sよりかかりやすく、回転量の制御もしやすい。

・ツアー98ESP
重さは割とある(310g)が、トップライトのため取り回しがラク。105Sよりラク。
打球の出方が通常のストリングパターンのラケットと違う印象。それに慣れるまでは使いにくいかも。
トップライトすぎるせいか、バックのスライスでラケットが走りすぎてしまう。ボレーも同様。


現状では100Sは練習用。
今すぐ試合なら105S。
使いこなせるようならツアー98。


この時期特有の楽しい時間です。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 07:39:50 | Trackback(0) | Comments(0)
ツアー98ESP

ほぼ新品で破格の安さだったのが悪いんです。

どうやら海外モデルみたいです。


重さ:310g
バランス:30.5cm
フェイス:98平方インチ
パターン:縦16×横16


横ストリングが少なくて超トップライト。

私の変態ラケットアラームが鳴ります。





という訳で
まだスクールでしか使っていませんが
O3でトップライトなので取り回しはすごくラクです。

横16のパターンは想像していた違和感はなくて
割と普通に使えました。

スピンのかかりはいいんでしょうが
前知識がなければ気づかないかもしれない程度です。

ただ
打球時に球が乗るような掴むような
そういう感じはかなりあります。

いわゆる柔らかい打球感とは少し違うような気がしますが
この掴む感じがボレーとバックのスライスですごく助かります。

シャープさを求める人にとっては真反対ですが
これはこれでアリかと。



こうして
丸坊主のラケット選びは
混迷の度合いを深めるのでありました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

ラケット関係 | 10:23:13 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ