FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ゆるゆる効果

まだ超ゆるゆる(28P)を使っています。

自分の力で打とうとするとロクなことにならないから
ラケットとストリングに働いてもらうのです。


で、改めてT‐FLASH315や400iを使ってみると
球を捉えた感じが掴みやすくて
すごく使いやすかったです。

当然ストリングの硬さは全く違うのですが
フォアはヘッドを走らせる感覚が生かせるし
ボレーやスライスではラケットとストリングに任せる感覚が生かせます。

各ショットが簡単になったように感じました。



普通のラケット(テンション)と比べてみて実感しましたが
超ゆるゆるを使いこなすのは難しいです。

ただ返すだけなら楽ちんですが
このセッティングでラケットを振って打球をコントロールするには
きちんとヘッドを走らせないといけない。

押したらフカすし
スイングを緩めてもフカします。

それがいい練習になるみたいです。

人気blogランキングへ 新しいことに挑戦したい方は、是非。よかったらクリックをお願いします。



続きを読む >>
テニス・技術面 | 18:13:32 | Trackback(0) | Comments(2)
表現が難しい

118平方インチのラケットに28Pのストリング
そんな変態セッティングを試し続けて実感しました。

ラケットとストリングに働いてもらう。


正しいスイングをするのではなく
ラケットとストリングが働けるのがよいスイングである。

そういうことではないかと。
(力で持って行くとすぐフカすから…)



で、それを続けているうちに
自分が強いのか弱いのか
上手いのか下手なのか
勝つのか負けるのか
そういう諸々がどうでもいいことのように思えてきました。

どうでもいい
と書くと少しズレる気がしますし
実際どうでもいい訳ではないのですが。

やっぱり強く上手くなりたいし
試合にも勝ちたい。





相手から打たれた球をラケットとストリングに打ち返してもらう場合
最適な動線はきっと決まっている。
(たぶん)

その動線をラケットとストリングに伺う。
その声を聞き取れなければ結果(=ミスショット)に現れる。



そのおかげかどうかわかりませんが
コーチからは
『動きが柔らかくなった』
と言われました。

きっと方向性は間違ってないと思うのですが…。

人気blogランキングへ 試合でもやりきれるでしょうか。よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 08:06:47 | Trackback(0) | Comments(0)
センスの有無
バガボンド37巻はとても印象深い内容でした。
 (読みました?)

『腕は無いものと思って振ってください』

『腕は頑張り屋さんだけど、その分すぐ周りのことを忘れる』

って言葉、よかったですね。


さて、フォアハンドが振れないという私の課題は
永遠に続くものと思われましたが
先日の個人レッスンから光が差しはじめています。


いろいろ教わって
言葉にできるものはほぼメモにしましたが
結局は冒頭の言葉と同じことを言っているのではないかと感じました。
 (もう少し言えば、スクールのコーチも同じことを言っていたのかも)
 (個人レッスンを受けてみて、グループレッスンの限界を感じました…)


そういえば個人レッスンのコーチが
こんなことを言っていました。


大きく振るときは10キロのダンベルを振るように
(追い込まれたりして苦しいときなど)
小さく振るときは軽いモノを振るように


重さや軽さをイメージすることは大切ですが
それよりも大切なのは
重さを感じる、あるいは軽さを感じるための
体の使い方なんだと思います。

要するに技術の話なんだと私は理解しました。


技術である以上
下手な人間でもソレを向上させることは不可能ではない。

センスの有無だけで済ませるのは
センスの無い人間の言い訳でしかない。



私にはフォアハンドを打つセンスがありません。
 (フォアに限った話ではない…)
けれど、技術の問題である以上
ソレを向上させる道は必ずある。

その道が見つけられてないだけで。





私には対人支援を行うセンスがありません。
けれど、技術の問題である以上
ソレを向上させる道は必ずある。

その道が見つけられてないだけで。

人気blogランキングへ なんだか繋がってきたような…。よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 08:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
久々テニス

セキとハナが長引いて体調がすぐれず
仕事が忙しい時期ということもあり
そのあい間を縫ってまでテニスをしたいという気になりませんでした。


で、体調が戻ったので久々にスクールへ。


調子はあまりよくなかったのですが
高望みはせず
球への入り方と足捌きだけを意識したところ
それなりにいい感じでプレーできました。


やはりフットワークが大事なんですね。



構えや準備を間に合わせるには
球への入りを間に合わせること。

足さえ間に合えば上体はどうにかなる。


生きた打球にするには
上体の流れを止めるなど足捌きを正しく行うこと。

足捌きさえ適切なら腕の振り方はどうにかなる。



何よりも
高望みをしないでプレーしたことが
一番よかったのではないかと思ったり…

難しいものです。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・技術面 | 21:48:17 | Trackback(0) | Comments(1)
フォアハンドでの右足


サイドステップと早い準備を意識していたら
フォアハンドの調子がだいぶよくなりました。

それはいいのですが
我ながら気になる点がひとつ。


外側に振られた時のフォアハンドで
オープンスタンスになるのは自然です。

ですが
余裕のあるときのフォアハンドでも
右足を踏み込んでインパクトを迎えると
体のひねり戻しがスムーズに行えて打ちやすく感じるのです。



普通に考えると左足を踏み込むのが自然なはずです。
それが逆になるだけでなく
オープンスタンスとして考えてみても
左足より右足が前に出る極端なオープンになってしまいます。



私のフォアの欠点は (いろいろあるのですが) 肩が入らないことです。

練習しても直らないのは
肩を入れると前が見えにくくなるからだと考えています。
 (その感じはあります)

それが
この右足前の入り方にすると肩を入れられるのに
しっかり前を見ることができる。



という訳で
可能な限り意識して右足を前にしているんですが
やはり見た目が変なのか
相手に微妙な顔をされることがあります。

このまま続けるつもりなんですが
果たして体の使い方として正しいのか正しくないのか。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

テニス・技術面 | 18:15:17 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ