FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ケアって、なんだろう?

『ケアって、なんだろう』
(シリーズケアをひらく/小澤勲著)


この本は知っていましたが
パラっと立ち読みして高齢者福祉向けだと思い
今読まなくてもいいだろうと放っていました。

そんな判断を強く後悔しています。



この仕事に就いて16年くらい経ちます。

いつからか
対人支援のコツやら考え方やらを言語化したい
という気持ちが強まり
断片的に試みているものの
なかなかできずにいました。


なぜ自分がそうしたいのかうまく表現できなかったのですが
この本を読んで
自分一人では見えなかった点や認めきれなかった点を指摘して
これまでの試みを統合してくれたような気がしています。



前書きからの抜粋ですが、この本は

『やさしくない自分が、やさしさが求められる現場で、どうすればやさしくできるか』
という基本姿勢のもと
『やさしさに至る知が求められている』
と理解し
その知を言語化しようという試みです。


その姿勢と実践の真摯さに強く心を打たれました。





下手で不器用で優しくなくて
この業界にいる価値がない私であっても
『やさしさに至る知』
を求める限り
この業界に存在する意味がある。

そう勇気づけられたように感じています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

本とか音楽とか | 07:09:20 | Trackback(0) | Comments(0)
米津玄師

もしかしたら有名な方なのかもしれませんが
私は最近までこの方を知りませんでした。


今聞いているのは『DIORAMA』というアルバムですが
清竜人級に中毒になってます。
(注:丸坊主換算です)



基本的には気持ちのよいピコピコポップスと言っていいんだと思いますが
要所要所で見せる音のユガみ?ヒズみ?ハズし?具合が素敵です。

きれいなメロディーの中に不安感みたいなものが混ざって
内省的?な歌詞の世界観も相まって
私の中の偏屈な部分を的確にヒットしてきます。



ボーカロイドに提供した曲で有名になった方らしいです。

そのせいかインターネット上に動画がたくさん出ています。

そのうちの一つでも見ていただければ
私の言わんとすることは伝わると思います。


昔から聞き慣れている過去の音楽もいいんですが
新しい音楽も素敵ですね。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 12:44:27 | Trackback(0) | Comments(0)
清竜人

完全にハマっています。

音楽好きな同僚にも勧めているくらいです。
(今のところ迷惑がられてはいないみたいです)



私はニワカなので全てのアルバムを聴いた訳ではないのですが
透明感満載でポップな『PHILOSOPHY』
実験作と表現するにはあまりにも衝(笑)撃的な『MUSIC』
センスが溢れすぎてもはや方向性という概念すら無くなった『WORK』
どれもお気に入りです。

本当にこの一ヶ月くらいは彼の音楽しか聴いていません。


そんな彼はアイドルグループ?を結成したらしく
11月にシングルを出すそうです。
(センターは自分、女性メンバーは全て自分の妻という設定だそうで…)


最終的に何を目指したいのか凡人の私には想像もつきませんが
すごく楽しそうなことはわかります。

音楽ファンの間では有名な人らしいんですが
一般に広く認知されているとは言えないと思うので
今のうちに押さえておくと通ぶれるかもしれませんよ。

人気blogランキングへ すでに有名な方だったらごめんなさい。よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 14:43:54 | Trackback(0) | Comments(0)
清竜人 MUSIC
きよしりゅうじん、と読むそうです。

若くして世に出た天才、らしいです。



今、私はMUSICというCDを聞いています。

この人、きっと、完全におかしいんですが(笑)
すごく楽しい作品です。


ザックリまとめると
深夜アニメときゃりーぱみゅぱみゅの世界観を足して
だいぶおかしなことにしてしまった感じ
です。
(丸坊主主観)


デビューから真剣に応援していた人たちの半分くらいは
この作品でファンを止めたのではないでしょうか?

同じ人の作品とは思えません。
 (最新作『WORK』を聞くとコレでやりきったことが
 生かされているように感じますが)



私は最近名前を知ったくらいのにわかファンで
初期の作品もそれなりに好きですが
ここ数週間くらいはずっとMUSICの中毒性にハマっています。

テニスのポイント間にも頭の中で流れてしまうくらいで…。

ハマる人には危険な音楽です。

人気blogランキングへ 他のアルバムも素敵です。よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 14:47:46 | Trackback(0) | Comments(0)
天皇論~象徴天皇制度と日本の来歴

天皇論~象徴天皇制度と日本の来歴
坂本多加雄著
文春学藝ライブラリー


私個人の思想信条はさておき
『天皇陛下、万歳』的な本ではないのでご安心を。

天皇について、というよりも憲法論や国家論を通して
この国のよりよい『来歴』を作る試み
であると私は読みました。
(間違っていたら責任は丸坊主にあります)

一回読み通して
今二周目に入っているところです。



疑問に思うことについて私なりにいろんな本にあたって
そこからのつながりでこの本にたどり着きました。

戦後からのこの国の歩みが
ある部分ですごく歪んでいる
もしくは偏っているように感じて
でも何がどう歪んだり偏ったりしているのか
はっきり掴めないでいました。

そんな疑問の多くがこの一冊で解説されたような
そんな気がしています。

現行の日本国憲法を軽いもの
押しつけられたもの
と考えている方がいらしたら
一度読んでみるといいんじゃないかと思います。



冒頭の
相互理解が必ずしも平和をもたらすわけではない話
『選択する自己』から『物語る自己』の話
自分自身が納得して語り他者にも受け入れられるような『筋』の話
から、私の心は鷲掴みにされました。


それ以降の論も私を掴んで離さず
この先の未来を主体的に歩めるような『来歴』のあり方を
提示してくれています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


本とか音楽とか | 08:37:54 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ