FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
区民大会ダブルス初日


というわけで
試合の様子を書き留めておくのです。


初戦:6‐1

この日はかなりしっかりと雨が降っていました。
それでもここの大会は強行するのです。

『丸坊主くん、ココではこれくらい、雨とは言わないんだよ』

たまたま会場で会った大会常連の知り合いは
こともなげにそう言いましたが…。



さて
おかげで球が水を吸ってバウンド後にかなり滑り
フラットスライス系を持ち球にしている私には有利
スピン系の方には不利なコート条件でした。


初戦は硬さがあったものの
コート条件の有利さとペアN氏の活躍で
快勝できました。



二回戦:6‐5 (6G先取のため)

雨やらなにやらで2時間近く待たされました。
一部記憶が曖昧ですが内容を書きます。

1ゲーム:私サーブ
 私サーブは二試合目も好調で、割と楽にキープ。1‐0。
2ゲーム:左利きの方サーブ
 左利きの方のキック気味なサーブにリターンが全く合わせられず、1‐1。
3ゲーム:ペアさんサーブ
 相手のいいリターンと私の凡ミスでペアさんサーブを落とし、1‐2。
4ゲーム:右利きの方サーブ
 相手のファーストボレーからいい展開を作られて、私の凡ミスも止まらず、1‐3。
5ゲーム:私サーブ
 私サーブ(+水を吸ったボール)は合わせにくいようで、いい感じでキープ。2‐3。
6ゲーム:左利きの方サーブ
 私とは逆に、球が水を吸って相手のキック気味サーブの威力が落ちてきました。
 リターンが合うようになり、3‐3。
7ゲーム:ペアさんサーブ
 ペアN氏が作ってくれたチャンボを私が痛恨のミス。落として3‐4。
8ゲーム:右利きの方サーブ
 展開から手堅くきっちりキープされ、3‐5。
9ゲーム:私サーブ
 いい加減私のサーブは通用しなくなりましたが、ペアN氏の好プレーが連発してキープ。4‐5。
10ゲーム:左利きの方サーブ
 全然返らないからバックでリターンするのを諦めて、強引に回り込んだり
 フォア側を空けたポジションにしたりしてみました。
 がんばったかいがあってブレーク。5‐5。
11ゲーム:ペアさんサーブ
 ペアN氏がきっちりキープして、6‐5。

という試合でした。


サーブ以外は基本的に足を引っ張りまくってしまいました。
本当にペアN氏ががんばってくれました。

私個人としては
1‐3になった所でイライラが最高潮になってまずい感じになった時に
そこから気持ちを崩さなかったのがよかったと思います。
次の私サーブでは冷静にプレーできたし。

あと、空回り気味で凡ミスを連発しましたが
自分が前衛の時は可能な限りチョロチョロ動いてみました。
ペアN氏が結果には目を向けず
『それでいいですよ』
と励ましてくれたから続けられたのですが。

攻撃的な前衛の動きはずーっと課題にしていたので
そこもよかったと思います。


さて、来週はシードとの対戦になります。

一週間で何ができるという訳でもありませんが
持っているモノを出し切れるよう
準備したいと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

試合など | 18:36:46 | Trackback(0) | Comments(2)
初日アップ!

いえぇぇぇぃぃ

初日アップ

いえぇぇぇぇぃぃ







失礼しました。


スクールで知り合ったテニス仲間のN氏が誘ってくれまして
区民大会ダブルスで出てきました。

で、初日アップしまして
ニヤニヤしているのです。

次の相手はシードですが。


うふふ

えへへ

あはは

がははははは


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


試合など | 07:49:21 | Trackback(0) | Comments(2)
泥臭く
久々テニスなのに
またシングルスの練習試合をしてきました。

4時間3人で…


二人とも強くて全然勝てません。
しかも佇まいから体育会上がりと思われます。

2時間たたないうちに体力が切れてきて
さらにここでもマメが破けて
このまま時間が過ぎるだけか…

なんて時に急に思い出したんです。


学生時代は下手くそな似非シコラーとして
泥臭く格好悪くコートを走り回っていた自分を。


それから自分の体力も省みずに
似非シコラースタイルをやってみました。

するとそれまで勝負にならなかったのが
私の流れになってきて
最後の方にはいくつか勝てたりしました。

結果は別としても
やればやるほど闘志がみなぎってきました。

体力的にはホントにキツくて試合後は座り込んでしまうくらいでしたが
気持ちは勝手に盛り上がって
完全に学生気分に戻っていました。


あの頃に比べると体力は確実に落ちています。
体重増に比例してフットワークも悪くなっているでしょう。

だからこそ省エネテニスを目指してきたわけです。


ただやってみてわかったのですが
今の方が有利な点もありまして。


シコラー対策の『いろはのい』として
①自分が前に出る②相手を前に出す
の2点が知られています。

その点私は前に出るのが苦ではない。
というかむしろ好き。
(いいパスは持ってないから前に出られたら困るけど)


しかも学生時代には持ってなかったバックのスライスが
今は得意なショットになっています。

ムーンボール一辺倒のワンパターンではなく
ペースを変える選択肢があります。

シコラースタイルがうまくいかない時に
対処できる引き出しが増えています。

これは学生時代の私にはなかったモノで
今回のシングルス練習試合でも生かすことができました。

つまり似非シコラーの似非たる所に
広がりがでていると感じています。



私の住む地区の市民大会は真夏に3試合もやるので
(しかも1日では終わらない)
衰える一方の体力を考えて省エネなスマートなスタイルを手に入れようと
模索してきました。

それはもっともな判断ですが
そもそもシングルスは真剣にやったら疲れるものです。

結局はラクをして勝てるようになろうとしていた訳で
根本的に間違っていたのかもしれません。


今回の教訓から泥臭く走り回るプレーを基本にして
自分のシングルスを作り直してみようと思っています。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。

試合など | 15:53:19 | Trackback(0) | Comments(0)
荒療治

2週間くらいぶりのテニスでしかも病み上がりでしたが
2時間シングルスの練習試合しかやらないテニスオフに
参戦してみました。

いろんな方と4G先取で6試合して勝ち負け半々でしたが
思っていた以上にプレーできて
調子としてはまあまあといったところでした。

荒療治もたまにはいいもんですね。


今回の反省点としては
①攻めるのが一本早かったこと
②前後左右に振られると体が流れてバタついたこと
の2点です。

①については試合勘の問題もありますが
基本的に①も②もフィジカルの問題だと考えています。

フィジカルに不安があるから
後ろでじっくり粘らずに攻め急ぐし
振られてバタつくのは完全に運動不足。

ここ最近はテニスの頻度も減っていたし
週2~3でやっていた帰り道のジョギングも
2週に1回程度になっていました。

そうなると
球を追うのはできても
止まって次を追って…を繰り返すと
グラングラン揺れてしまって
だんだん遅れてしまいます。


足を止めても
体中の余分な脂肪が慣性の法則で流れていき
それを食い止めるほどの脚力もない。

きっとスーパースローとかで見たら
丸坊主2号(脂肪)が外側にピョコンと飛び出しそうな
かなりみっともない画像になっていると思います。


それはさておき
やっぱりシングルスは楽しい。

人気blogランキングへ 手のマメが破けて出血しましたが…。よかったらクリックをお願いします。


試合など | 18:14:57 | Trackback(0) | Comments(0)
もうひとつ登った?


いつも負けてばかりのテニス仲間M氏に
6‐2というスコアで勝ったことは
前回記事にしました。

いぇ~い 
 (本気でうれしいです)


このM氏はハードヒットこそありませんが
ライン際を狙うコントロールと
 (特に両手バックから繰り出すフラットの狙い場所がエグいです)
プレーの引き出しの多さが武器で
私の弱点を確実に攻めてきます。

M氏は私の練習課題を明らかにしてくれる
すごく大事な存在なのです。


M氏と定期的にテニスをさせてもらった初期の頃は
武器である両手バックを柱に
フォアの中ロブっぽいループボールで翻弄され
手も足も出ませんでした。

数試合を経て
私がライジング気味に打ち込んだり
ロングボレーでカットしてアプローチできるようになると
今度はバックにアプローチしてネットで決めるプレーに切り替えてきました。

バックへのアプローチに対して
私の選択肢がスライスで沈めるかロブしかないことを
見切られていた訳です。

で今回、片手バックのドライブを諦めて
以前やっていた両手バックに戻して
アプローチに対する選択肢を増やしてみました。

いくらスライスを打つのが好きとはいえ
毎回沈める技量はないですし
球の速さにも限界があります。

相手はいいロブだけ警戒していればいいので
普通に考えるとポイントを取られる確率が高い。

私が両手バックのドライブを混ぜると
相手がネットで想定する選択肢を増やせるので
その分ポイントを取られる確率を下げることができます。

今回はその通りの展開で
M氏の出足を止めることができました。

そこからは
フォアハンドの展開からアプローチできる球を作って攻撃
という私の形に持って行って
押し切ることができました。

今回M氏の調子は悪かったんですが
ラッキーだけの勝ちではないと自分では思っています。


露骨なくらい私の弱点を突いてくれるM氏のおかげで
私のプレーは確実に広がっています。

とりあえずバックのアプローチをドライブで返せるようになったので
きっとまた何か考えてくるでしょう。

そしてまた私の課題が明らかになるのです。

人気blogランキングへ オールラウンダーへの道は果てしなく遠い…。よかったらクリックをお願いします。


試合など | 19:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ