FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
望まない

最近はインドアスクールばかりで
しかも週1できるかできないか。

そんな環境だと
自分のプレーに多くを望まなくなります。


元々球威で勝負するスタイルじゃないし
ミスなんて言葉は知らないっていうシコラーでもない。

いい感じで振れなくても
あるいはミスが出ても
そういうものだろうと自然に受け入れられます。



振れなかったりミスがでてイライラできるような
うまい人じゃなかったでしょ。
もともと。

という境地です。



自己否定的もしくは虚無的に見えるかもしれませんが
現状を受け入れてしまって気持ちを次の球に向けると
気がついたらいい感じにプレーしてた
なんてことになったりします。

不思議です。



でも一方で
一生懸命練習して
絶対決める!
とか
絶対ミスしない!
なんていう強いメンタルでプレーすることに
強い憧れを抱いているのも事実でして。

たぶん試合で競ったり格上に向かっていく時には
そのほうが強いんでしょうし。



自分の現状を受け入れて肩の力を抜くのがいいのか
より高い場所を求めて肩に力を込めるのがいいのか。

両者の差は
プレーの頻度によるのかもしれません。



珍しくそんなことを考えてしまいました。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 08:37:44 | Trackback(0) | Comments(0)
やっぱりフォア

先日のシングルス練習試合は
調子が悪いまま戻すことができず
カカトに靴ズレまでできて散々でした。


ここ最近ずっとよかったフォアが
全然振れなくなってしまいました。

しかもファーストサーブの確率が5割程度。
(コレは調子の問題ではない)

これでは勝てるはずもありません。


調子が悪いなら悪いなりのプレーができないといけません。



この日のフォアハンドは
早すぎる準備を意識しても準備が遅れてしまいました。

構えの問題か
スタンスの問題か
グリップの握りすぎか





この問題を解決するヒントになりそうな
素敵な本を見つけました。

もう少し読み込んでからご紹介します。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 19:04:44 | Trackback(0) | Comments(0)
一本遅い

先日のスクールはバッチバチにやるメンツが揃ったせいか
ダブルスのゲーム形式がいつもより多かったです。

しかも最後は1セット丸々やったのですが
終わりまで競り続ける緊迫した試合でした。


ペアの方の好プレーが光って最終的には勝ったんですが
終盤の勝敗がかかる場面でつい引いたり守ってしまう自分がいて
自分の課題が浮き彫りになりました。


大事な局面でつないでしまう


途中で気づいて修正できたのはよかったのですが
修正までの間、こちらから仕掛けるのが一本、もしくは二本遅くなってしまいました。

本来なら一、二本早くこちらから仕掛けなくてはいけない。


仕掛ける場面で引いてしまったと気づいて
今攻めこまれたらイヤだな
と感じる場面で
相手が攻めてこなかったからよかったのですが
付け入るスキを与えてしまいとても危険でした。



前にも書きましたがダブルスは苦手です。

勝負所で引いたり守ったりしてしまう自分の姿勢を乗り越えないと
ダブルスを楽しめるようにはならないだろうと感じています。

そこが変わればシングルスも変わってくると思うのですが…。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 22:42:26 | Trackback(0) | Comments(0)
レッスンは難しい
先日のレッスンはとても難しかったです。


腕を振るのではなく
肩胛骨を使うスイング
ラケットヘッドを走らせるスイング
というのを集中的にやったのですが
アドバイス通りにやろうとすればするほどうまくいかない。

元々肩周りが硬いらしく動きに違和感がある。

たまにすごい球が行くけど
それ以外の球が制御できない。

上体に意識が向きすぎて他が疎かになる。

コーチの言葉がキャパオーバーになり処理しきれない。



メンタル的な負荷が強いレッスンでした。


レッスン中に珍しくイライラしたりしたのですが
(もちろん表に出してはいませんが)
ここで難しいのが
だからといってこのレッスンが悪い訳ではないところにあります。


極論ですが
レッスンでいい球を打つ必要はない。
(のかもしれない)


後日の外テニスでいいスイングができたのは
このレッスンのおかげなのかもしれません。



うまく言えませんが
放っておくとどんどん固まってしまうスイングの自由度を上げる
あるいは器を広げるためのレッスンだった。

なんて感じたりもします。



レッスンで気持ちよくプレーして
なんとなく『やった感』で満足すると
後でロクなことにならない。

それを知っているので
自分の課題をもって臨むことを意識しているのですが
それとは別に
自分をカラの状態にして素直にレッスンを受けることも
大事なんだろうと思っています。


今回は自分の課題にこだわりすぎて
カラになってレッスンを受ける姿勢に欠けていたかもしれません。

難しいものです。


人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。



テニス・メンタル面 | 12:44:39 | Trackback(0) | Comments(2)
私のテニス5ヶ条 本編
ようやく本編です。

あれから考えたことと今まで得たコツをまとめて
試合にのぞむ上でのテニス5ヶ条にしてみました。

自分用のテニス日記から転記しているので
読みにくいところはご容赦ください。


<私のテニス5ヶ条>
第一条:コートにいる人はみんな好きって決める
第二条:すばらしい勝負にしよう
 →上二つは序盤のビビり対策
第三条:ミスしたら感謝する
 →これと第五条は自分の中心を保つ対策
第四条:『ニギラナイ、ヒラカナイ』でリズムが合うまで待つ
 →詳細は下記
第五条:酸素が足りないとイライラして集中が切れる。だから深呼吸を忘れない


序盤は『ニギラナイ、ヒラカナイ』を意識して
相手のリズムに合わせられなくても
焦らずに硬くならずに自分のリズムに合うのを待つ。
自分のリズムに合うのが早いか
相手が押し切るのが早いか
そういった勝負に持ち込んで中盤から終盤に勝負をかける
そういう心づもりで序盤をプレーする。

序盤から引き離すことを目指すより
中盤から終盤に勝負をかけるほうが自分の人格に合っているように思う。


勝ちたいのはもちろんだがそもそも試合をするのは
試合という場において自分のプレーをしたいからである。
自分のプレーをするために自分のリズムに持っていきたい。
特にフォアハンドを安心してスイングできるようになっていたい。
それができないで勝っても「不思議の勝ち」でしかない。
それは自分が望むものと違っている。

先の市民大会がいまいち自信につながらないのは
フォアの出来が原因と思われる。
(悪い中でどうにかしたという粘りはよかったが…)



以上、テニス日記からの転記でした。
今後の練習試合で持っていって
使えるかどうか試してみます。

なぜ
「コートにいる人はみんな好きって決める」「すばらしい勝負にしよう」
が序盤のビビり対策になるのかといいますと
また長くなるので
どこかで機会があったら掘り下げてみます。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


テニス・メンタル面 | 20:00:00 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ