FC2ブログ
 
■プロフィール

丸坊主

Author:丸坊主
40代の男です。
テニスは高校から始めました。
福祉の仕事をしています。

『勝つときは正しいテニスで正しく勝つ。負けるときも正しいテニスで正しく負ける』
→テニスで知り会ったテニスマスターT氏の言葉は、私の生き方にも影響を与えてくれています。

『やることをやって、それで止められたなら運が悪かったということと、一方でひとつひとつの技術のクオリティーが低いから、それを許してしまうのだと思います』
(テニスマガジン2009.8号より)
→杉山愛選手のこの言葉はずっと心に残っています。試合における腹のくくり具合と冷静な自己分析が両立した、素敵な言葉だと思っています。

試合において、『正しいテニス』や『やるべきこと』をやりきれたか。練習において、試合で止められた技術の向上を意識して取り組んだか。
そんなことを考えながらテニスをしています。

使用ラケット:
ダンロップのNEOMAX2000に決まりそうです。

使用ストリング:
縦ポリ/横ナイロンであればなんでもよくなっています。
テンションは35P~40Pくらいで落ち着きました。

使用シューズ:
ここは変わらず、アシックス一筋です。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
都知事選
私は都民じゃないのであんまり関係ないのですが
職場は都内なので注目しています。


どうやら細川さんが立候補するそうです。

政治のことは詳しくないのですが
舛添さんと宇都宮さんの一騎打ち的な状況(注:丸坊主主観)に細川さんが入ることで
誰が得をして、誰が損をするのか。


宇都宮さんは自分への支持のいくらかが
細川さんに流れてしまいそう。
 (小泉さんとのダブルネームだから結構いかれる?)

舛添さんは細川さんと共通項が少ないので
自分への支持が細川さんに流れることは少なそう。


小泉さんの脱原発的な一見自由すぎる動きって
自民党も承知の上、というかむしろ
両者はしっかりつながっているのではないか。

そんな風に感じてしまいました。

人気blogランキングへ この程度のことは常識なのかもしれませんが、よかったらクリックをお願いします。

雑記 | 18:53:59 | Trackback(0) | Comments(0)
新しい何かを習得するのではなく
元々持っているモノを出す

新しい何かを付け加えるのではなく
余計なモノをそぎ落としていく

元々持っているモノの精度や純度を増していく


そういう方向性が正解なのではないかと
思うようになりました。


テニスも対人支援も。


これは謙虚さを失って
ただ傲慢になっただけなのかもしれません。

自分の殻に閉じこもって
未知のものを受け入れない自己正当化なのかもしれません。


『そうじゃない』
という思いと
『その通り』
という思いがあって
でも迷っているわけではなくて
静かな確信のようなものがあったりする。


でもこの確信のようなものは脆くて揺れていて
より正確な表現に近づけるには
もう少し考察なり実践なりを深めないといけません。

人気blogランキングへ 個人的なメモですが、よかったらクリックをお願いします。



雑記 | 19:57:13 | Trackback(0) | Comments(0)
つながっている
不思議なことなんですが
読んだ本・受けた研修・最近の体験・過去の体験



いろんなことがひとつの流れにつながっているような
そんな気がしています。

頭のなかでなんとなくまとまりつつあるような気がするのですが
自分の言葉に落とし込もうとすると
どうしてもぴったりな言葉が出てこないのです。


たかだかおっさんの週末趣味レベルですが
 (しかも最近は週1程度ですが)
真剣にテニスに取り組むことは
真剣に仕事に取り組むことと
つながっているのです。

それだけでなく

A:真剣にテニスに取り組むこと = B:真剣に仕事に取り組むこと
= C:真剣に子育てに取り組むこと = D:真剣に生きること

である。


それまでの私のイメージでは
Dがひとつの円グラフであって
A、B、C、(その他)はその構成要素
つまり
Aは10%、Bは40%、Cは40%、その他は10%

…みたいな捉え方をしていました。

%の割合は別として
それが常識的な捉え方だろうと疑いもしませんでした。

でも、どうやら違っていたようです。


それぞれにかける時間としての%は出せるけれども
そのことにさしたる意味はなく
どれだけ真剣に取り組んでいるか…

うーん。

「真剣に」という言葉がイメージと少しズレるんですが
すべての構成要素は連動していて
例えばテニスをほどほにしている人は他もほどほどである。
テニスとそれぞれの要素を別個のモノと捉えている人は
いくら技術や戦績を高めたところで
ソコ止まりになる。

真剣に (←この言葉は違う気がするのですがとりあえず) テニスに取り組むなら
否が応でもテニスをしていない時間帯に影響を与えてしまうようになる。
それがいい影響なのか悪い影響なのか
はたまた毒にも薬にもならないのか
それはテニスに取り組むその人のスタンスによる。
 (何が「いい」のか「わるい」のか、という話はとりあえず置いておいて)


整理できていないイメージをムリヤリ言葉にしてみたので
どうにもスッキリしないのですが
頭の中の途中経過として残してみることにします。



こんな風に変わってきた原因はいろいろありすぎて
特定なんてできないのですが
印象に残っている言葉や考え方を
簡単にまとめてみます。


本:わかったと思うな
・急にボールを飛ばそうと考えることは、ぼくにいわせればナンセンスなことなんです。
そういうことに着目すること自体、そういう発想に及ぶこと自体、ぼくは非常に悲しい。
飛距離が伸びたからといって、スコアが必ず良くなるなんて保証はどこにもありませんからね。
かえって、悪くなる保証はいくらでもありますけれども。
そう考えたら飛ばすことに対してそんなに汲々とすることはないじゃないか、
という発想がなぜ生まれてこないのか。
このへんにもまた上達を阻むものが潜んでいます。
要するに、虚栄。


本:弓と禅
・自分が的を狙うのではない。それが狙う。
・悪い射に腹を立てない、良い射にもよろこばない。
結果によって快不快の間を右往左往することから離れなければならない。


本:禅とは何か
・わかっているけど言えない。
わかっていて隠してるのではなく、何もわからないのでもなく、
わかっているけど言うことができない。


本:神とひとつになること
・この世にありながら、この世のものではないようになる。
・神も私も彼もすべては一体である。だから必要なモノはすでに充分に持っている。


研修:福島正伸氏
・出会った人をみんな好きって決めてしまう。
・どうなるかではなく、自分がどうするかがすべて。
・いいことしか起こらないと決める。
実際は問題しか起こらないが、それをどう捉えるかは自分で選ぶことができる。


言葉:テニスマスターT氏
・同じコートに立つ仲間を楽しくさせることができて、はじめて本物。





不思議なものです。
すべてが「ひとつのこと」につながっているような
そんな気がするのです。

でも、その「ひとつのこと」を自分の言葉に落とし込めないでいます。

人気blogランキングへ 結局よくわからない記事になってしまいましたが、よかったらクリックをお願いします。


雑記 | 21:50:51 | Trackback(0) | Comments(0)
ちょっと時事的な話
たいした見識もないのですが私個人の忘備録的な意味で
今話題の領土問題について少々。


私も日本人なので当然心配したり不快な思いをしています。
でも、そんなに詳しい訳ではありませんが
世界の他の地域を見ても
領土問題のあるところはだいたい長引いています。

また、白黒はっきりついたところの多くには
多数の血が流れている訳で。



きれいごとなんて「国益」の文字であっさり消えてしまう
そんな国際政治の中で生き残るために
我が国も「軍隊」という最終手段を持つべきだという論調が
ネットを中心に目立っています。

私個人としてはそのこと自体に異論はないのですが
 (もう持ってるやんけ、とかいろいろ言い出すと話がどこまでもそれるので…)
今ホットなこの領土問題に直結させてしまうと
事の本質が見えにくくなってしまうのではないかと心配しています。


領土問題は解決させないままとっておく。
大事なのはどうやってとっておくか
その「とっておき方」である。


とっておく、という表現がすごく無責任で
あたかも何もしないでいい、みたいな捉えられ方をされるかもしれませんが
とっておく、というのは
揺れ動く状況に合わせて対応しなければならないので
とても神経を使うし、使い続けなければなりません。
ただ状況に合わせているとなし崩し的に…ということになり得るので
戦略的にとっておかなければならない。

さらにわかりにくいのが、その時の対応が我が国として正しかったかどうか
 (最近よく出る表現で言うと「国益にかなっているかどうか」)
歴史にしかそれを審判できないことです。
言い換えると、事態の起こった瞬間のタイムリーな民意に
判断できることには限りがある。
とても限りがある。


現実的かどうかは別ですが
そんな面倒ですっきりしないことを続けるよりは
白黒はっきりさせるほうがわかりやすい。
わかりやすければ多くの支持を得る。
 (それは比較的最近に証明済みですね)

でも、そのわかりやすさには罠があるように思えて仕方ないのです。



素人の無責任で勝手な想像ですが
中国も韓国も最終的な「白黒ハッキリ」を迫る行為までは
しないだろうと考えています。
 (映像が流出して問題になったような局地的なドンパチも起きないのではないかと)
どちらもこのゴタゴタを利用して
どのくらい自国に有利な「とっておき方」に持っていくか
そういう頭でいるのではないか。


例えば、日米間に距離を作る
とか
自国と米との距離を近づける
とか
自国内の結束を強める
とか



ガラにもなく時事的な話でした。
個人的な忘備録として読み飛ばしてください。


雑記 | 10:07:23 | Trackback(0) | Comments(0)
丸坊主的不健康日記 ~ 腰痛には歩くのがいいらしい
腰はだいぶラクになりまして
ヨチヨチ歩きは卒業しました。

逆に寝っぱなしで足腰が弱ってしまって…。

「痛みが引いたら歩くのがいい」
とお医者さんが言うので
歩いています。

さすがにテニスはできないけど
家でゴロゴロしているのにも飽きたんで。


この3連休はかなりの距離を歩き倒して
まるまる休んでおきながら
こんがり日焼け肌で職場復帰。

みんなに白い目で見られてしまいました 



ちなみにこのお医者さん
職人気質、というのでしょうか。
自分の見立てを伝えるだけで
患者とやりとりしながら治療を進めるなんて
甘っちょろい考えは全くもっていないようで。

診てもらう側とすれば気楽なんで
いいっちゃいいんですけど。

そんなお医者さんが断言するんだから
腰痛には歩くのがいいんでしょう。
たぶん。

人気blogランキングへ よかったらクリックをお願いします。


雑記 | 20:36:28 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ